プロフィール

gm.imeka

Author:gm.imeka
生息地 宮城県
性別 おばちゃん
家族アリ 夫1人、子供3人
全員O型 お気楽家族

日本の代表的スクラップブッキング雑誌
Love My Memories((ラブメモ)
第1期デザインチームメンバー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム


フリーエリア


ブログ内検索

FC2カウンター

がん物語その4

今日は朝から雨です。
土日は天気が良かったので、
image1.jpg
シーズンが始まった’サクランボ狩り’に孫ちゃんたちを連れて出かけました。
脚立に上り大ハッスル!!
しばらくサクランボは食べなくてもいいほど、ぜいたくに食べました。
彼らが帰った夜は、夫と二人で、公開がはじまったばかりの映画’64’後編を鑑賞。
目いっぱい活動した一日でした。
昨日はお仕事。
復帰して初めての6時間勤務。いつもの倍です。
疲れましたが、うん!もう大丈夫。
体力持ち直してきました。

そしてここからまたがん物語。
いよいよ、がんという診断も出て、
職場に報告、お休みをいただく相談をするにあたり、
上司より先に、子供たちに伝えなくてはと、一大決心して、
臨もうかと思っておりました。
だがみなさん思い出してください。
私はここまで、娘には知らせていないつもりでしたが、
そうです。年末のあの時、夫が病気のことを知ったあの時です。
私に内緒で、夫は娘に知らせていました。
まだ疑いの段階にもかかわらず。
なので、2月の結果もすぐに伝わっていました。
なんとはなく疑わしいと思っていたのですが、やっぱりの結果。
娘に話そうと思うんだけど、もしかして、言っちゃってるよね?
’うん’と夫。
色々と思うことはあるし、腹も立つけれど、
こんなしょうもない人なんです。へたれなのも十分理解しているし、
でもそんなところも含め、まあまあ尊敬できる人でもあるので、
目をつぶりました。
当然娘は取り乱すことなく、(だってだいたいわかっているもん!)
これからのスケジュールを淡々と説明し、理解を求め、了承を得ました。
長男にも伝え、(長男は初耳のためうろたえました。うろたえ方が夫とそっくりで大爆笑しました)
私の決意を笑って伝え、’応援する’といってくれました。
決意とは?
手術の方向である以上、じたばたしてもなるようにしかならない。
まな板の上のコイで、先生にお任せするしかない。
抗がん剤治療になれば、1年くらいの長期戦になることも十分覚悟し、
万が一余命を切られても、5年生存率が低くても、すべてを受け入れ、
病気と向き合うこと。
意外と冷静に、淡々と話しました。
もう年齢もいい時期を迎え、子どもたち3人も社会人になり、うち二人は幸せな伴侶と子供にも恵まれ、
楽しく、充実した生活をできている現実が、そう思わせてくれたのでしょうか。
たとえ、5年しか生きられなくても、優しい丁寧な時間を過ごしたいと願いました。
たぶん、意識はしていませんでしたが、
5年前の震災が影響していると思います。
あの時、突然に、命を奪われた方たち。
一瞬で、奪われたそのかけがえのない人生。
それを思うと、戦える時間を与えられた私は、何も怖くないと。
自身の我慢なら、どんなことにも耐えられると。
だから私は大丈夫。
文章にして初めて、思い出し、涙が出ました。
だって、これまで泣いたのは前記事でも書いた一度だけでしたから。
職場のお休みをお願いして、病状は極秘にしてもらい、3月中旬からのお休み。
3月1日検査入院
経器官肺生検法で、細胞をとり、病理検査。
2日退院。
3月10日肺がんは脳に転移しやすいので、念のため脳のMRI検査。
翌3月11日検査結果の外来。
確定診断。’肺腺がん’脳への転移はなし。
手術が確定。ここから、呼吸器内科から、呼吸器外科へ移ります。
それでも手術までの道のりは遠く、検査のラッシュが。
つづく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imeka515.blog70.fc2.com/tb.php/791-e127aca9

 | HOME |  ▲ page top