プロフィール

gm.imeka

Author:gm.imeka
生息地 宮城県
性別 おばちゃん
家族アリ 夫1人、子供3人
全員O型 お気楽家族

日本の代表的スクラップブッキング雑誌
Love My Memories((ラブメモ)
第1期デザインチームメンバー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム


フリーエリア


ブログ内検索

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん物語その2

前記事で12月までのことを書きました。
通院の時系列はその1の通りですが、
その間の葛藤や、影響もいろいろとありました。
まずは、万が一のことがあれば、後悔するとなんとなく思い、
両親を温泉旅行に連れ出しました。
12月の頭です。
近場でしたが、温泉、石巻、女川、松島、うみの杜水族館、
行きたいという場所を計画なしで進む旅。
私は一日目はついていけなかったので、夫と、叔父夫婦に一緒に泊まってもらい、
二日目の始発電車に乗り、合流。
まあまあ喜んでくれましたが、これはあくまで、私の自己満足だったんでしょう。
姑を温泉に連れて行きたっかのに、かなわなかったこともトラウマになっていたのかも。
私自身の職場もいろいろ動きがある時期で、
悩み多きものの、忙しいということはイコール忘却なのであることで、
考えなくてもいい時間があったことは救いです。
そして、確定まで誰にも言わないでおこうという決意は、
いとも簡単に崩れたのです。
はい!!自白します。私は’へたれ’でした。
あれは、3回目の針生検を終え、へとへとになり職場に行き、勤務して、
やっと帰宅した数分後、’今日は急な飲み会になったのでお迎えよろしく~♡’
という能天気な夫からのメールが。
何も知らないから能天気なのは仕方ないのですが、
我慢して迎えに行くものの、さらに能天気なご機嫌な酔っ払いに変身した夫。
いやいや~さすがに参りました。
このまま年末もご機嫌な酔っ払いの相手はかなわんと思い、
しらふの時に、がんセンターの診察券をご提示させていただきました。

なにゆえ、夫にも言わないでおこうと考えたか、
さかのぼること、十数年前、彼は皮膚がんになりました。
その時も命にかかわるものではないが、手術で取ろうといわれた時のうろたえぶりは
ハンパないものでした。いえ、動揺というより、思考回路が止まってしまったようで、
何も聞こえない、話せないという感じ。仕方のないことだったのかも。
結局、、私が奔走し事なき内に大学病院に入院手術、り患部分がきれいにとれて、
経過観察も問題なく、5年が過ぎて、完解状態で今に至っています。
その時の状態と、数年前の私の乳がん疑いの時、検査前でもあるにもかかわらず、
子どもたちに連絡し、ママががんだと宣言してしまったこと。
この二つの事件から、導き出した結果だったのです。
それなのに、。腹が立った勢いで、知らせてしまった。
私の人間が出来ていない証拠でした。
とほほ。
あなただけの胸にしまってくださいとお願いしたのですが、
はい!!お察しの通り、次の日には娘にばらしてしまっておりました。
とほほ。ダブル。
それが、クリスマスも終わった年末でした。
私自身はといえば、結果を待つしかない時期でしたので、思ったより冷静で、
余命を切られたら、やるべきことを箇条書きで書いたり、
就活の記事を読んだり、
がんについて調べたり、
今後に思いをはせることをしながら、
日々通常通りの生活していました。
つづく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imeka515.blog70.fc2.com/tb.php/789-0dc01fff

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。