プロフィール

gm.imeka

Author:gm.imeka
生息地 宮城県
性別 おばちゃん
家族アリ 夫1人、子供3人
全員O型 お気楽家族

日本の代表的スクラップブッキング雑誌
Love My Memories((ラブメモ)
第1期デザインチームメンバー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム


フリーエリア


ブログ内検索

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん物語その1

昨日の記事より続き。
紹介状を持って、県立がんセンターを訪れたのは、岩沼南東北病院で、PET検査の結果を聞きたその足ででした。
紹介状を持っていてもその日のうち無理でしたので、予約を取り、帰宅。
確定診断がつくまでは誰にも言わないつもりでいたので、
まんじりともしない思いでいましたが、
毎年恒例の結婚記念日旅行に、何も知らない夫と、出かけておりました。
行き先は日光、東照宮で、何を願っていたのかは誰も知りません。
そして11月26日がんセンター頭頚科初診。
その日のうち、CT検査。内視鏡検査をして、ペットの画像とも照らして、
確かに何かあるようだと。
次回超音波検査と、針生検をしましょうということに。
12月4日超音波検査と針生検。
結果は12月10日という説明。
12月10日、針生検で、細胞がうまく取れなかったという結果で、
12月18日再度針生検。
結果が出るまでの間、肺の部分も気になるので、念のために、呼吸器内科も受診を勧められ、
12月24日、呼吸器内科初診。
この時まで、肺は炎症でもPET検査で反応が出ることもあるということだったので、
ちょうど風邪をこじらせた時期でもあったから、すっかり炎症だと思っていました。
CtTの結果も、レントゲンも確かに右肺に何か影があることが判明。
しかし7㎜という大きさなので、炎症の可能性もあるから、3か月経過観察しましょうということに。
2月に見て、大きくなっていればたぶん’がん’です。無くなるか小さくなっていれば炎症です。
そうか~!!って感じ。
そして、
甲状腺にあるものが、たとえ、がんだとしても、この部分のがんはおとなしく、
今すぐ進行するものでも、命を脅かすものでもないとの説明を頭頚科の先生より聞かされました。
がんだったら、急がないので、希望の時期(あったかくなったらとか、仕事の都合とか)に手術しましょうか。
などとおっとりした感じで、今後を詰める予定でした。
12月25日、頭頚科に再び針生検の結果を聞きに行きましたが、またうまく取れなかったと、
その日3回目の針生検。結果は年明け。
この針生検がなかなかきつく、直接甲状腺に針を刺すので、痛い。
この時点で、まだ誰にも告げていないので、自分で運転、その後出勤と、
なかなかハードな日々を送っていました。
検査が長引いて、勤務時間に遅刻したことも。
今となっては、あたしって、やればできる子だったと感心もしたりして。
そして、何事もなかったかのように年末、仕事とこなしていたわけです。
つづく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imeka515.blog70.fc2.com/tb.php/788-f423acd7

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。