プロフィール

gm.imeka

Author:gm.imeka
生息地 宮城県
性別 おばちゃん
家族アリ 夫1人、子供3人
全員O型 お気楽家族

日本の代表的スクラップブッキング雑誌
Love My Memories((ラブメモ)
第1期デザインチームメンバー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム


フリーエリア


ブログ内検索

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ips細胞・・・・

厚生労働省の「ヒト幹細胞臨床研究に関する審査委員会」(委員長=永井良三・自治医科大学長)は26日、理化学研究所などが申請していたiPS細胞(人工多能性幹細胞)で目の難病「加齢黄斑変性」を治療する世界初の臨床研究の実施を了承した。



 厚生科学審議会科学技術部会や厚労相の承認が得られれば、治療が2014年にも始まる。

さっきこのニュースを知りました。
山中教授が長年かかり、ノーベル賞を取ったこの研究が、いよいよ治療に生かされようとしている。

我が家の長男youは網膜の病気で、視力が弱い状態。
網膜剥離を悪化させ、増殖性硝子体網膜症になってしまい、一時は失明宣告までされ、成功率40%の2回の手術をしても、視野狭窄と、視力低下は元には戻らなかった。
片目に白内障のレンズが入っています。
今は小康状態で、普通の生活ができています。

でも、今でも、何かの拍子に、剥離から、また再発の危険は大きい状態。
最後の手術から、10年経ち、こんなニュースに、希望が見えています。

リスクを背負ったyouを丸ごと請け負ってくれた、youのお嫁さんと、二人の可愛い娘(私の孫たち)たち
のためにも、この治療が現実にできるようになれと、祈るばかりの今晩でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imeka515.blog70.fc2.com/tb.php/687-42ad9b45

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。