プロフィール

gm.imeka

Author:gm.imeka
生息地 宮城県
性別 おばちゃん
家族アリ 夫1人、子供3人
全員O型 お気楽家族

日本の代表的スクラップブッキング雑誌
Love My Memories((ラブメモ)
第1期デザインチームメンバー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム


フリーエリア


ブログ内検索

FC2カウンター

がん物語その6

4月の頭は、仕事もすでに3週間もお休みしておりまして、
万が一(何を考えていたのかな?)のことお思い、かる~く身辺整理。
万が一(だから何のこと?)の時に知らせてほしいところ、人。一覧に書き出し。
でもね、さすがに迷い、遺書は書かなかった。
子どもにはそれとなく遺言めいたことは言ったかな?
覚えてないな。
夫にはしつこく言ったような気がする。
そして、結婚してから、私が入院するのはお産依頼なかったので、
洗濯機の使い方、炊飯器の使い方。お米のとぎ方(ここびっくりでしょ!)いちからご指南。
自分の入院用品を買い出し。
留守の間の食料の確保。
それはまるで、震災の時を思い出すような、レトルトと、カップ麺の数。
最近は美味しいレトルトが増え、お湯を沸かすしかできない夫でも、何とか栄養が取れるように。
バタバタ忙しかったのを覚えています。
なにしろ、自分のことより、家族が心配。
家族の食事、暮らし。
孫を預かっていたので、預け先の確保。
孫のメンタルの心配。
色々なことを考えていたので、逆に、手術への恐怖などは感じられなかったのでした。
だってね、心配してもしょうがない、こうなったら、まな板の鯉でしかない。
信頼する先生にお任せしかないでしょ。
そうこうして、夫に付き添われ、4月4日入院。
がんセンター4階呼吸器外科病棟。この階は呼吸器内科と外科の患者さんのみの階。
その日は早速の検査検査。
4人部屋に一人での始まりでしたが、数時間後には、同室の方が続々入室。
手術待ちは私一人。お仲間はすでに手術後の抗がん剤治療の方たちばかり。
初めの一日から、肺癌について、手術について、先生方について、抗がん剤について、
先輩方の熱烈なレクチャーを受けたのです。
つづく。
スポンサーサイト

放置したら、ログインできなかった事件。

数えれば、4か月も放置していましたね。
そんなに放置すると、ログインできなくなって、
パスワードの変更をする羽目に。
あいも変わらずダメダメなかんじ。
ご安心ください。生存中。
にわかに目撃される熊のように、アクティブではありませんが、
田舎の片隅で、生息中。
5月に仕事復帰以来、新人状態で、やっておりましたが、6月が終わり7月に入ると、
病気休業以前のシフトに戻り、担当業務も再開。
今、冷静になると、必死で、精根尽き果てておりました。
そのころはすっかり良くなった気でいましたが、やはり無理してた感じがあるな。
毎日の生活でいっぱいいっぱいだったと思います。
身体的にもね。
そのころは、手術後、退院後に比べれば、全然平気と思っていましたが、
気が付けば、横になっている時間が多く、
無意識でしたが、苦しかったんだと思います。
今は、本当に無理はできない身体。
いまだに信じられないけど、肺を3分の1切除した、肺癌り患患者なのだとしっかり自覚。
仕事もプライベートも、無理せず、自分を大切にしたいと思っています。
3か月後定期健診も問題なく順調な回復と太鼓判を押していただき。
登山もできるよ~とほんわかの主治医に言っていただきました。
本当は富士山に登りたいとは口が裂けても言えなかった。(笑)
調子に乗って、9月に旅行したら、ハードだったのか、
生まれて初めてスーパーで買い物中に動悸とめまいで、ひざから崩れ落ちました。
救急車に乗るまでもなく、しばらくスーパーの控室で休ませていただき、
おかげさまで、どこも異常はなかったものの、酷使できない身体と自覚し、がっかり。
また、ゆっくりと、入院後の続きを書きますね。
足が冷えるので、こたつを出しました。
息子のyouが、’炬燵は人をダメにする’宣言をして、新居に炬燵は不要と息巻いているので、
炬燵派まごっちたちが、炬燵ストライキを起こしそうです。
ばあばのお家にはあるよ~とあまいお誘いをする私です。うふふ。
今日は宮城の秋の名物’はらこめし’を作りましたよ。
 | HOME |  ▲ page top